カズオ・イシグロ

現代文学100字レビュー

カズオ・イシグロプロフィール&ガイド

カズオ・イシグロ(Kazuo ISHIGURO)―1954年、長崎県長崎市出身。小説家。

5歳で渡英、以後イギリスで暮らす英国作家。1989年『日の名残り』でブッカー賞受賞。

マイベストはこれ!

レビュー一覧

カズオ・イシグロ/土屋政雄『夜想曲集―音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

『夜想曲集』の表紙画像
評価
★★★★★
発行
2009/06 早川書房
種類
文学(小説)
目次
老歌手 / 降っても晴れても / モールバンヒルズ (ほか)
所要
3時間30分

男と女の間を、想いを断ち切るように、背中を押すように、流れる音楽。短編集としての小品感はあるし、コメディタッチも唐突だったりするけど、黄昏ゆく者たちの痛みが著者らしいムードを作ってる。入門編としても。

カズオ・イシグロ/土屋政雄『日の名残り

『日の名残り』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1990/07 中央公論社
種類
文学(小説)
目次
プロローグ 一九五六年七月 ダーリントン・ホールにて / 一日目――夜 ソールズベリーにて / 二日目――朝 ソールズベリーにて (ほか)
所要
3時間

英国の斜陽、貴族社会も変質してきたけども、いまだ背筋のぴんと伸びた老執事の回顧譚。「この国の品格」を体現した彼は、自分の歩んだ道程を誇りながらも、でも失ってしまったものに苛まれ。静かな叙情が胸に迫る。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
夜想曲集 やそうきょくしゅう 2009/06 文学(小説) ★★★★★
日の名残り ひのなごり 1990/07 文学(小説) ★★★★☆
わたしを離さないで わたしをはなさないで 2006/04 文学(小説) ★★★★★

これから出る本、最近出た本

カズオ・イシグロ『夜想曲集』
2011年02月04日 ハヤカワ文庫 819円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント