諏訪哲史

現代文学100字レビュー

諏訪哲史プロフィール&ガイド

諏訪哲史(すわてつし)―1969年、愛知県名古屋市出身。小説家。

2007年『アサッテの人』で第50回群像新人文学賞および第137回芥川賞受賞。

マイベストはこれ!

レビュー一覧

諏訪哲史『りすん

『りすん』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2008/04 講談社
種類
文学(小説)
目次
りすん
所要
2時間10分

『アサッテの人』と明確に対になってて、「小説」を考えるための小説。枠組みの外側に突き抜けたい、という意図が強すぎて、終盤メタのメタ。白血病なんて定形も憎らしく、書く書かれる、聞く聞かれるの関係に刮目。

諏訪哲史『アサッテの人

『アサッテの人』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2007/07 講談社
種類
文学(小説)
目次
アサッテの人
所要
2時間20分

メタ的な構造も、「ポンパ」で定型を破ろうとしてまた凡庸に陥ってる登場人物も、真新しい小説表現ではない。ただ口に出してみると響きの楽しい言葉、というなら「あああるよね」というくらいの追想が落しどころか。

これから出る本、最近出た本

諏訪哲史『偏愛蔵書室』
2014年10月27日 国書刊行会 2700円
諏訪哲史『スワ氏文集』
2012年12月13日 講談社 1575円
諏訪哲史『ロンバルディア遠景』
2012年06月15日 講談社文庫 710円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント