河合隼雄

現代文学100字レビュー

河合隼雄プロフィール&ガイド

河合隼雄(かわいはやお)―1928年、兵庫県出身。心理学者。

日本のユング心理学の第一人者。1982年『昔話と日本人の心』で第9回大佛次郎賞、1988年『明恵 夢を生きる』で第1回新潮学芸賞、1995年紫綬褒章、1997年朝日賞受賞。2007年死去。

レビュー一覧

河合隼雄/村上春樹『村上春樹、河合隼雄に会いにいく

『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1996/12 岩波書店
種類
文学(エッセイ)
目次
第一夜 「物語」で人間はなにを癒すのか / 第二夜 無意識を掘る”からだ”と”こころ”

河合隼雄との対談集。阪神大震災、オウムとシリアスに病む時代に生きる意義について語り合っている。春樹自身『ねじまき鳥』で深い井戸に潜っていったわけで、ヘビィなコミットメントについて心理学的な解説がある。

このページへのコメント