荒木経惟

現代文学100字レビュー

荒木経惟プロフィール&ガイド

荒木経惟(あらきのぶよし)―1940年、東京都出身。写真家。

マイベストはこれ!

レビュー一覧

中上健次/荒木経惟『物語ソウル

『物語ソウル』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1984/05 PARCO出版局
種類
文学(小説)
目次
物語ソウル
所要
1時間50分

ソウルの路地裏で日暮しの貧者達、変化する時代を後押ししようとしている義賊の物語。荒木の写真が街の湿気を伝え、いつの時代でもない欲望するアジアを描き出す。被抑圧者への優しく厳しい視線は作家中上ならでは。

谷川俊太郎/荒木経惟『やさしさは愛じゃない

『やさしさは愛じゃない』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1996/07 幻冬舎
種類
文学(詩歌)
目次
やさしさは愛じゃない

写真詩集。アラーキー的裸体と異物の描出に、肌の内側で鳴る詩がぶつかるコラボレーション。官能には流さないという詩人の意気が時を止める。やさしさのぬるま湯の中で、女は愛を問い、男は「裸であること」を思う。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
物語ソウル ものがたりそうる 1984/05 文学(小説) ★★★☆☆
やさしさは愛じゃない やさしさはあいじゃない 1996/07 文学(詩歌) ★★★★☆
俺、南進して。 おれなんしんして 1999/09 芸術・美術 ★★★★☆

このページへのコメント