喜多嶋隆

現代文学100字レビュー

喜多嶋隆プロフィール&ガイド

喜多嶋隆(きたじまたかし)―1949年、東京都出身。小説家。

広告代理店勤務を経て作家へ。

海辺、椰子の木、夕焼け、カクテル、そんな小道具が生きる小説多数。テレビドラマになった「ポニーテールはふり向かない」の原作者であるといえば、皆「ああ、はいはい」と大抵分かってくれます。これは5冊分がシリーズになっていて一気読みがおすすめ。というか私はポニーテールシリーズしか読んでないわけですが。

つながり作家

  • 難波利三
  • 鈴木康行
  • 杉山通敬
  • 横田真一
  • 桝潟良子

マイベストはこれ!

レビュー一覧

喜多嶋隆『ポニー・テールは、ほどかない

『ポニー・テールは、ほどかない』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
1988/10 角川文庫
種類
文学(小説)
目次
星空にオン・エアー / トースターが淋しそう / タバスコが泣かせた (ほか)

完結編。マフィアのボスと恋に落ちた天才ドラマーミッキーの運命やいかに。本来湿っぽくなるはずのエピソードでありながら乾いている。それでいて感動させたりするのだから、作者の計算としての文体はやはり大きい。

喜多嶋隆『ポニー・テールに、罪はない

『ポニー・テールに、罪はない』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
1987/07 角川文庫
種類
文学(小説)
目次
ポニーテールに、罪はない

THE BANDAGEデビュー曲「少しだけ、ティア・ドロップス」完成。急速に注目を集めつつ、ギャングとの抗争もあり、ドタバタしてゆく。このあたりは長いストーリーの終着を模索するような紆余曲折のクライマックスだ。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
ポニー・テールは、ほどかない ぽにーてーるはほどかない 1988/10 文学(小説) ★★☆☆☆
ポニー・テールに、罪はない ぽにーてーるにつみはない 1987/07 文学(小説) ★★☆☆☆
ポニー・テールに、通り雨 ぽにーてーるにとおりあめ 1987/05 文学(小説) ★★☆☆☆
ポニー・テールは、風まかせ ぽにーてーるはかぜまかせ 1985/07 文学(小説) ★★☆☆☆
ポニー・テールは、ふり向かない ぽにーてーるはふりむかない 1984/09 文学(小説) ★★☆☆☆

このページへのコメント