北村薫

現代文学100字レビュー

北村薫プロフィール&ガイド

北村薫(きたむらかおる)―1949年、埼玉県出身。小説家。

高校教師として勤めたのち、1981年『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、2009年『鷺と雪』で第141回直木賞受賞。

スキップ』『ターン』『リセット』の「時と人三部作」ほかシリーズをなす作品多し。ミステリの論説や、最近ではアンソロジー編纂なども手がけてます。デビュー当時は覆面作家として性別も不詳だったとかですが……男性です。

つながり作家

  • 宮部みゆき
  • 梨木香歩
  • 加納朋子
  • 畠中恵
  • 三上延

マイベストはこれ!

レビュー一覧

北村薫『リセット

『リセット』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2001/01 新潮社
種類
文学(小説)
目次
リセット

「時と人」三部作の完結編ということだが、まさか戦中戦後のストーリーになるとは思わなかった。ここでの「時の悪戯」は主人公達に幸福感を運ぶために用意されている。長い時間の流れそのものに暖かく包まれる快さ。

北村薫『ターン

『ターン』の表紙画像
評価
★★★★★
発行
1997/08 新潮社
種類
文学(小説)
目次
ターン

時の流れから脱落して一人同じ1日を繰り返す。音のない世界の永遠の7月。乗り辛い二人称小説だと思ってたのだが、鳴らないはずの電話が鳴る中盤以降はぐっと引き込まれる。こんな明確な救済ってなかなかないもんね。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
リセット りせっと 2001/01 文学(小説) ★★★☆☆
ターン たーん 1997/08 文学(小説) ★★★★★
スキップ すきっぷ 1995/08 文学(小説) ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

北村薫『太宰治の辞書』
2015年03月31日 新潮社 1620円
笠井潔/岩崎正吾/北村薫ほか『吹雪の山荘』
2014年11月28日 創元推理文庫 1080円
北村薫『慶應本科と折口信夫 いとま申して2』
2014年11月25日 文藝春秋 1620円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント