鈴木清剛

現代文学100字レビュー

鈴木清剛プロフィール&ガイド

鈴木清剛(すずきせいごう)―1970年、神奈川県出身。小説家。

コム デ ギャルソン企画生産部なんて変わった経歴をもつ。1997年『ラジオデイズ』で第34回文藝賞、1998年『ロックンロールミシン』で第12回三島由紀夫賞受賞。

いまどきの青春像のありかたはこんな感じなんだろうな多分、というような作品を書く。そんな気分先行の作家。いや、褒めことばとしてですが。青春小説として非常にさわやかな『ロックンロールミシン』をまず読んでみるべし。「おおすげぇ!」と唸るような作品はまだないので、どこまで行けるか?ってとこですね。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

鈴木清剛『スピログラフ

『スピログラフ』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2003/08 新潮社
種類
文学(小説)
目次
スピログラフ
所要
1時間20分

幼馴染である男女三人の関係が壊れてゆくさま。それはヒロインの病のせいかもしれないし、それぞれが望みどおりの場所に辿りついただけかもしれない。特命業務で浮かれるより他にあるだろと、哀しい気持ちにはなる。

鈴木清剛『バンビの剥製

『バンビの剥製』の表紙画像
評価
★☆☆☆☆
発行
2004/06 講談社
種類
文学(小説)
目次
バンビの剥製
所要
1時間40分

姉との暮らし、恋人との関係、将来を考えることを回避して、ハテ?とか言ってりゃ気楽な無気力世代。そんな若者をありのまま描こうというテーマは分かるが文体までユルくしなくても。バンビの剥製が暗喩なのかも謎。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
スピログラフ すぴろぐらふ 2003/08 文学(小説) ★★★☆☆
バンビの剥製 ばんびのはくせい 2004/06 文学(小説) ★☆☆☆☆
消滅飛行機雲 しょうめつひこうきぐも 2001/08 文学(小説) ★★☆☆☆
ハーイ!デイズナイト はーいでいずないと 2001/05 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
男の子女の子 おとこのこおんなのこ 1999/10 文学(小説) ★★★☆☆
ロックンロールミシン ろっくんろーるみしん 1998/06 文学(小説) ★★★★★
ラジオデイズ らじおでいず 1998/01 文学(小説) ★★★★☆

これから出る本、最近出た本

鈴木清剛『ワークソング』
2011年09月06日 小学館文庫 580円
鈴木清剛『ロックンロールミシン2009』
2009年01月08日 小学館文庫 420円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント