筒井康隆

現代文学100字レビュー

筒井康隆プロフィール&ガイド

筒井康隆(つついやすたか)―1934年、大阪府大阪市出身。小説家。

1960年「お助け」(『にぎやかな未来』に所収)でデビュー。1981年『虚人たち』で第9回泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で第23回谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」(『薬菜飯店』に所収)で第16回川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で第13回日本SF大賞、1999年『わたしのグランパ』で第51回読売文学賞/小説賞、2002年紫綬褒章受賞。

ブラックな味わいと、メタフィクションへの意志を武器に、文学の荒野に新たな領土を広げます。これまで読んだなかでは「ハズレだな」ってのは特にないので、どれから読んでも構わないんじゃないかと思いますが、初めて読むという人には手に入りやすいと思われる文庫『家族八景』をおすすめしておきます。断筆から復帰し、まだまだこれからの期待がかかります。

つながり作家

  • 小松左京
  • アンブロ−ズ・ビアス
  • 星新一
  • 町田康
  • 明智抄

マイベストはこれ!

レビュー一覧

筒井康隆『エディプスの恋人

『エディプスの恋人』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1977/10 新潮社
種類
文学(小説)
目次
エディプスの恋人
所要
3時間10分

七瀬三部作の完結編。前作をアクションに振りすぎた反動(あるいは期待外し)か内省的。「神と宇宙」に話は広がるけど、一方で一つの恋の物語でもあって、哲学的な振り幅が楽しめる。とはいえ「シリーズ」ではないな。

筒井康隆『七瀬ふたたび

『七瀬ふたたび』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1975/05 新潮社
種類
文学(小説)
目次
邂逅 / 邪悪の視線 / 七瀬 時をのぼる (ほか)
所要
2時間50分

『家族八景』に続く七瀬モノ。心に秘める悪意を描く装置としての精神感応(テレパス)から一転、予知・透視・念動・タイムトラベルまで、派手な超能力バトルの娯楽作品に。や、単純に楽しい。そら映画化しやすいよね。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
エディプスの恋人 えでぃぷすのこいびと 1977/10 文学(小説) ★★★☆☆
七瀬ふたたび ななせふたたび 1975/05 文学(小説) ★★★★☆
ヘル へる 2003/11 文学(小説) ★★★☆☆
パプリカ ぱぷりか 1993/09 文学(小説) ★★★★★
美藝公 びげいこう 1981/02 文学(小説) ★★★★☆
魚籃観音記 ぎょらんかんのんき 2000/09 文学(小説) ★★★☆☆
串刺し教授 くしざしきょうじゅ 1985/12 文学(小説) ★★★★☆
てき 1998/01 文学(小説) ★★★☆☆
家族場面 かぞくばめん 1995/02 文学(小説) ★★★☆☆
虚航船団 きょこうせんだん 1984/05 文学(小説) ★★★★☆
邪眼鳥 じゃがんちょう 1997/04 文学(小説) ★★★☆☆
夢の木坂分岐点 ゆめのきざかぶんきてん 1987/01 文学(小説) ★★★★★
朝のガスパール あさのがすぱーる 1992/07 文学(小説) ★★★★★
最後の伝令 さいごのでんれい 1993/01 文学(小説) ★★★★☆
おれに関する噂 おれにかんするうわさ 1974/06 文学(小説) ★★★☆☆
宇宙衛生博覧会 うちゅうえいせいはくらんかい 1979/10 文学(小説) ★★★★☆
薬菜飯店 やくさいはんてん 1988/06 文学(小説) ★★★★☆
農協月へ行く のうきょうつきへゆく 1973/11 文学(小説) ★★★★☆
にぎやかな未来 にぎやかなみらい 1968/08 文学(小説) ★★★★☆
乱調文学大辞典 らんちょうぶんがくだいじてん 1972/01 文学 ★★★☆☆
虚人たち きょじんたち 1981/04 文学(小説) ★★★☆☆
家族八景 かぞくはっけい 1972/02 文学(小説) ★★★★★
笑うな わらうな 1975/09 文学(小説) ★★★☆☆
残像に口紅を ざんぞうにくちべにを 1989/04 文学(小説) ★★★★★

これから出る本、最近出た本

筒井康隆『世界はゴ冗談』
2015年04月28日 新潮社 1620円
筒井康隆『筒井康隆コレクションII 霊長類 南へ』
2015年02月18日 出版芸術社 3024円
筒井康隆『筒井康隆コレクション I 48億の妄想』
2014年11月30日 出版芸術社 3024円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント