池澤夏樹

現代文学100字レビュー

池澤夏樹プロフィール&ガイド

池澤夏樹(いけざわなつき)―1945年、北海道帯広市出身。小説家。

父は作家福永武彦、娘は声優池澤春菜。詩作、翻訳などをやりながら小説へ。1988年『スティル・ライフ』で第98回芥川賞、1993年『マシアス・ギリの失脚』で第29回谷崎潤一郎賞、同年『母なる自然のおっぱい』で第44回読売文学賞/随筆・紀行賞、1994年『楽しい終末』で第5回伊藤整文学賞、1996年『ハワイイ紀行』で第5回JTB紀行文学大賞、2000年『花を運ぶ妹』で第54回毎日出版文化賞、2001年『すばらしい新世界』で第51回芸術選奨、2003年第7回司馬遼太郎賞、2007年紫綬褒章、2010年朝日賞受賞。

「理系作家」としてその独特に透明な理知の世界が注目された、『スティル・ライフ』がやはりまずおすすめ。導入部分が(今見ると狙いすぎの感もあるわけですが)美しいです。気に入ったなら『マシアス・ギリの失脚』にも挑戦してください。「重厚!」って思うから。南島好きからか沖縄に移り住み、沖縄論的な著書も。フランスにも住んでましたね。文明論・政治論的な硬い書物も読み応えあります。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

池澤夏樹『池澤夏樹の世界文学リミックス

『池澤夏樹の世界文学リミックス』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2011/04 河出書房新社
種類
文学
目次
ケルアック『オン・ザ・ロード』 / バルガス=リョサ『楽園への道』 / クンデラ『存在の耐えられない軽さ』 (ほか)
所要
3時間40分

自身が編纂した世界文学全集のPRとしての、文学案内エッセイ。収録作品だけでなく関連する本がつるつる出てくるので、ガイド性より著者の読書量に感服するね。抄録の無印と「完全版」が同時発売、という珍しい形態。

池澤夏樹/鷲尾和彦『春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと

『春を恨んだりはしない』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2011/09 中央公論新社
種類
文学(エッセイ)
目次
まえがき、あるいは死者たち / 春を恨んだりはしない / あの日、あの後の日々 (ほか)
所要
1時間10分

大震災から半年の論考。震災前から原発の危険性や、風力などの再生可能エネルギーを考察してきた著者なので立場はくっきり。失われた生活から政治の責任、論点が広いのでやや散漫というか言い足りなさは感じるかな。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
池澤夏樹の世界文学リミックス いけざわなつきのせかいぶんがくりみっくす 2011/04 文学 ★★★☆☆
春を恨んだりはしない はるをうらんだりはしない 2011/09 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ぼくたちが聖書について知りたかったこと ぼくたちがせいしょについてしりたかったこと 2009/10 哲学 ★★★☆☆
カデナ かでな 2009/10 文学(小説) ★★★★☆
虹の彼方に にじのかなたに 2007/09 文学(エッセイ) ★★★☆☆
本は、これから ほんはこれから 2010/11 総記 ★★★★★
叡智の断片 えいちのだんぺん 2007/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
光の指で触れよ ひかりのゆびでふれよ 2008/01 文学(小説) ★★★★☆
異国の客 いこくのきゃく 2005/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
池澤夏樹の旅地図 いけざわなつきのたびちず 2007/03 文学(日記・紀行) ★★★☆☆
キップをなくして きっぷをなくして 2005/07 文学(小説) ★★★☆☆
沖縄式風力発言 おきなわしきふうりょくはつげん 1997/09 文学(エッセイ) ★★★☆☆
星に降る雪/修道院 ほしにふるゆきしゅうどういん 2008/03 文学(小説) ★★★☆☆
小説の羅針盤 しょうせつのらしんばん 1995/04 文学 ★★★☆☆
アマバルの自然誌 あまばるのしぜんし 2004/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
きみのためのバラ きみのためのばら 2007/04 文学(小説) ★★★★☆
神々の食 かみがみのしょく 2003/08 社会科学 ★★★☆☆
沖にむかって泳ぐ おきにむかっておよぐ 1994/02 文学(エッセイ) ★★★☆☆
越境者たち えっきょうしゃたち 1991/06 文学(日記・紀行) ★★☆☆☆
この世界のぜんぶ このせかいのぜんぶ 2001/06 文学(詩歌) ★★★☆☆
室内旅行 しつないりょこう 1998/07 総記 ★★★☆☆
パレオマニア ぱれおまにあ 2004/04 文学(日記・紀行) ★★★★★
やがてヒトに与えられた時が満ちて… やがてひとにあたえられたときがみちて 1996/12 文学(小説) ★★★☆☆
ブッキッシュな世界像 ぶっきっしゅなせかいぞう 1988/03 文学(エッセイ) ★★★☆☆
世界のために涙せよ せかいのためになみだせよ 2003/06 社会科学 ★★★☆☆
憲法なんて知らないよ けんぽうなんてしらないよ 2003/04 社会科学 ★★★☆☆
イラクの小さな橋を渡って いらくのちいさなはしをわたって 2003/01 文学(日記・紀行) ★★★☆☆
星界からの報告 せいかいからのほうこく 1995/04 文学(エッセイ) ★★★☆☆
すばらしい新世界 すばらしいしんせかい 2000/09 文学(小説) ★★★★☆
未来圏からの風 みらいけんからのかぜ 1996/05 文学(日記・紀行) ★★★★☆
静かな大地 しずかなだいち 2003/09 文学(小説) ★★★★☆
メランコリア めらんこりあ 1998/11 文学(詩歌) ★★★☆☆
読書癖 4 どくしょへき4 1999/04 総記 ★★★☆☆
新世紀へようこそ しんせいきへようこそ 2002/03 文学(エッセイ) ★★★★☆
読書癖 3 どくしょへき3 1997/07 総記 ★★★☆☆
カイマナヒラの家 かいまなひらのいえ 2001/03 文学(小説) ★★★★★
イスタンブール歴史散歩 いすたんぶーるれきしさんぽ 1994/05 歴史 ★★☆☆☆
やさしいオキナワ やさしいおきなわ 1997/06 芸術・美術 ★★★☆☆
ギリシアの誘惑 ぎりしあのゆうわく 1987/04 文学(日記・紀行) ★★★☆☆
海図と航海日誌 かいずとこうかいにっし 1995/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
花を運ぶ妹 はなをはこぶいもうと 2000/04 文学(小説) ★★★★☆
むくどりとしゃっきん鳥 むくどりとしゃっきんどり 1998/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
むくどりは飛んでゆく むくどりはとんでゆく 1995/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
むくどりは千羽に一羽 むくどりはせんばにいちわ 1996/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
むくどりの巣ごもり むくどりのすごもり 1997/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
むくどり最終便 むくどりさいしゅうびん 1999/05 文学(エッセイ) ★★★★☆
明るい旅情 あかるいりょじょう 1997/09 文学(日記・紀行) ★★★★☆
むくどり通信 むくどりつうしん 1994/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
読書癖 2 どくしょへき2 1991/06 総記 ★★★☆☆
読書癖 1 どくしょへき1 1991/01 総記 ★★★☆☆
闇の中の眩しい天国 やみのなかのまぶしいてんごく 1985/03 芸術・美術 ★★★☆☆
きみが住む星 きみがすむほし 1992/10 文学(小説) ★★★☆☆
サーカムナヴィゲイション さーかむなびげいしょん 1980/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
見えない博物館 みえないはくぶつかん 1986/09 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ハワイイ紀行 はわいいきこう 1996/08 文学(日記・紀行) ★★★★★
タマリンドの木 たまりんどのき 1991/09 文学(小説) ★★★★☆
エデンを遠く離れて えでんをとおくはなれて 1991/06 文学(エッセイ) ★★★★☆
母なる自然のおっぱい ははなるしぜんのおっぱい 1992/10 文学(エッセイ) ★★★★☆
クジラが見る夢 くじらがみるゆめ 1994/08 芸術・美術 ★★★★☆
骨は珊瑚、眼は真珠 ほねはさんごめはしんじゅ 1995/04 文学(小説) ★★★☆☆
マリコ/マリキータ まりこまりきーた 1990/07 文学(小説) ★★★☆☆
南の島のティオ みなみのしまのてぃお 1992/01 文学(小説) ★★★☆☆
南鳥島特別航路 みなみとりしまとくべつこうろ 1991/03 文学(日記・紀行) ★★★☆☆
インパラは転ばない いんぱらはころばない 1990/06 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
真昼のプリニウス まひるのぷりにうす 1989/07 文学(小説) ★★★★★
マシアス・ギリの失脚 ましあすぎりのしっきゃく 1993/06 文学(小説) ★★★★★
バビロンに行きて歌え ばびろんにゆきてうたえ 1990/01 文学(小説) ★★★★☆
スティル・ライフ すてぃるらいふ 1988/02 文学(小説) ★★★★★
夏の朝の成層圏 なつのあさのせいそうけん 1984/09 文学(小説) ★★★★★
楽しい終末 たのしいしゅうまつ 1993/07 文学(エッセイ) ★★★★☆

これから出る本、最近出た本

池澤夏樹『現代世界の十大小説』
2014年12月09日 NHK出版新書 886円
池澤夏樹『氷山の南』
2014年09月02日 文春文庫 1048円
池澤夏樹『アトミック・ボックス』
2014年02月04日 毎日新聞社 1995円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント