戸梶圭太

現代文学100字レビュー

戸梶圭太プロフィール&ガイド

戸梶圭太(とかじけいた)―1968年、東京都出身。小説家。

1998年『ぶつかる夢ふたつ』(『闇の楽園』と改題)で第3回新潮ミステリー倶楽部賞受賞。

不条理さ、猥雑さ、性急さ、好き嫌いの分かれそうな作家ではありますね。

つながり作家

  • 新堂冬樹
  • 須原一秀
  • 深町秋生
  • 貫井徳郎
  • 平山夢明

マイベストはこれ!

レビュー一覧

戸梶圭太『溺れる魚

『溺れる魚』の表紙画像
評価
★☆☆☆☆
発行
1999/11 新潮社 新潮ミステリー倶楽部
種類
文学(小説)
目次
溺れる魚
所要
3時間

刑事と幹部社員とヤクザと過激派が入り乱れての捕物アクション。ストーリーや描写も崩壊しながらもパワーで圧殺。この不毛さ。登場人物たちさえも置き去りにすっ飛ばす終盤のスピードは、ちょっと理不尽すぎないか?

戸梶圭太『闇の楽園

『闇の楽園』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1999/01 新潮社
種類
文学(小説)
目次
闇の楽園
所要
6時間30分

ホラーテーマパークによる町おこし計画と、カルトの建設妨害。騒動を綿密に描きこんで終わらない長編。柏原郁恵親衛隊だとか伏線にもならない細部を楽しみすぎで大事なとこで駆け足になってるが、人物造形は上手い。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
溺れる魚 おぼれるさかな 1999/11 文学(小説) ★☆☆☆☆
闇の楽園 やみのらくえん 1999/01 文学(小説) ★★★☆☆
the TWELVE FORCES ざとぅえるぶふぉーせず 2000/12 文学(小説) ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

戸梶圭太『牛乳アンタッチャブル』
2014年08月04日 双葉文庫 900円
戸梶圭太『見当たり捜査官』
2013年08月24日 双葉文庫 680円
戸梶圭太『劣化刑事』
2013年08月02日 徳間文庫 670円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント