野田知佑

現代文学100字レビュー

野田知佑プロフィール&ガイド

野田知佑(のだともすけ)―1938年、熊本県江田村出身。カヌーイスト、エッセイスト。

雑誌の記者を経て作家に。

カヤックに犬を乗せて川を下る。そんな自由人ぶりに憧れて、犬を乗せはじめる人多数。『日本の川を旅する』は環境問題含めて日本の川のルポとしてすばらしいものがあるので、ぜひご一読を。もちろんユーコンを下る予定のある人は『ゆらゆらとユーコン』でも可。椎名誠ファミリー(という言い方があるのかどうか)の人です。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

野田知佑『川からの眺め

『川からの眺め』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1992/04 ブロンズ新社
種類
文学(エッセイ)
目次
旅で思う / 川遊びへの招待 / ユーコンにて (ほか)

川が好きだから「川のことはもう語りたくない」と思うほどに無残な姿をさらす日本の土建行政。人の手が入っていないから良川だった四万十にもキャンプ場を造ってしまう。その種の怒りを隠すことなく表明する熊本男。

野田知佑『北極海へ―あめんぼ号マッケンジーを下る

『北極海へ』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1987/04 文藝春秋
種類
歴史
目次
I章 荒野の風になる / II章 風とウイスキー / III章 時速10キロ、気分は水流 (ほか)

カナダの原野を北極海へ向かう、マッケンジー川を下る三カ月のカヤック単独行。大自然とヒリヒリするような孤独、とは言うものの点在する村での交感が温かくて、それも含めて「日本が失った世界」。あぁ旅に出たい。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
川からの眺め かわからのながめ 1992/04 文学(エッセイ) ★★★☆☆
北極海へ ほっきょくかいへ 1987/04 歴史 ★★★☆☆
ゆらゆらとユーコン ゆらゆらとゆーこん 1989/11 文学(エッセイ) ★★★★☆
日本の川を旅する にほんのかわをたびする 1982/04 歴史 ★★★★★
カヌー犬・ガク かぬーけんがく 1998/01 産業 ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

野田知佑『川の学校 川ガキのナミダ』
2012年05月22日 三五館 1470円
野田知佑『旅へ 新・放浪記』
2010年08月05日 ポプラ文庫 630円
野田知佑『カヌー犬・ガク』
2010年06月04日 ポプラ文庫 609円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント