平野啓一郎

現代文学100字レビュー

平野啓一郎プロフィール&ガイド

平野啓一郎(ひらのけいいちろう)―1975年、愛知県出身。小説家。

1999年『日蝕』で第120回芥川賞、2009年『決壊』で芸術選奨新人賞、同年『ドーン』で第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。

芥川賞を最年少受賞(当時)、難読文体と話題になった『日蝕』、やっぱりすごいです。あえて昔風の書き方するのが楽しかったのでやってみました~って感じにも見えるんだけど、それでちゃんと物語のトーン作りに成功してますしね。ピアスくらいで何をそう騒いでいたのか今となっては不可思議ですが、世間が落ち着くのを待つようにぜんぜん作品出ない時期を置きながら、立派な現代作家になっています。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

平野啓一郎『かたちだけの愛

『かたちだけの愛』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2010/12 中央公論新社
種類
文学(小説)
目次
1 雨の中の出会い / 2 ”美脚の女王” / 3 ミューミの理解者 (ほか)
所要
5時間50分

事故で脚を失った女優と、義足をデザインする男との恋愛ストーリー。「魅せる義足」にパリコレとかハイファッションな香りがあって、でもまぁオーソドックスな恋愛小説だな。惹かれあう過程が短く跳んでる気もする。

平野啓一郎『ディアローグ

『ディアローグ』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2007/12 講談社
種類
文学(エッセイ)
目次
聖なるものを求めて 日野啓三 / 三島由紀夫不在の三十年 古井由吉・島田雅彦 / 信仰とエロティシズム 山折哲雄 (ほか)
所要
4時間10分

高橋源一郎、大江健三郎、瀬戸内寂聴など大御所に語り負けない若手エースの早熟さが垣間見える対談集。その文学に対峙する姿勢に「俺がやれなかったことをお前がやってくれ」というモードに皆なるくらいに頼もしい。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
かたちだけの愛 かたちだけのあい 2010/12 文学(小説) ★★★☆☆
ディアローグ でぃあろーぐ 2007/12 文学(エッセイ) ★★★★☆
小説の読み方 しょうせつのよみかた 2009/03 文学 ★★★☆☆
ドーン どーん 2009/07 文学(小説) ★★★★☆
決壊 けっかい 2008/06 文学(小説) ★★★★★
モノローグ ものろーぐ 2007/12 文学(エッセイ) ★★★★☆
本の読み方 ほんのよみかた 2006/08 総記 ★★★☆☆
あなたが、いなかった、あなた あなたがいなかったあなた 2007/01 文学(小説) ★★★★☆
ウェブ人間論 うぇぶにんげんろん 2006/12 総記 ★★★☆☆
顔のない裸体たち かおのないらたいたち 2006/03 文学(小説) ★★★☆☆
文明の憂鬱 ぶんめいのゆううつ 2002/01 文学(エッセイ) ★★★☆☆
葬送 そうそう 2002/08 文学(小説) ★★★★★
滴り落ちる時計たちの波紋 したたりおちるとけいたちのはもん 2004/06 文学(小説) ★★★★★
高瀬川 たかせがわ 2003/03 文学(小説) ★★★★☆
日蝕 にっしょく 1998/10 文学(小説) ★★★★★
一月物語 いちげつものがたり 1999/04 文学(小説) ★★★★☆

これから出る本、最近出た本

平野啓一郎『「生命力」の行方 変わりゆく世界と分人主義』
2014年09月23日 講談社 1944円
平野啓一郎『透明な迷宮』
2014年06月30日 新潮社 1620円
平野啓一郎『ショパンを嗜む』
2013年12月17日 音楽之友社 1575円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント

平野啓一郎の公式ツイート

平野啓一郎 @hiranok

小説家。1975年愛知県生。北九州市出身。『日蝕』で芥川賞受賞。著書は、小説『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、新書『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、エッセイ&対談集『「生命力」の行方』など。毎日新聞朝刊で連載された『マチネの終わりに』、4月9日に刊行! note.mu/hiranok

東京 ・ https://t.co/VIVUKYkuQe

29,800 ツイート

339 フォロー

72,169 フォロワー

平野啓一郎 @hiranok

なんと言っていいものやら。【BBCニュース - 火事から救出の子豚たち ソーセージとなって助けた消防士たちに】 bbc.com/japanese/41020…

2017-08-23 15:58

ReplyRTFav

kuroda shun @bestkuroda

書店員さんがお勧めする「人生が変わる」新書に「自由のこれから」を選んで頂きました。
「読んだら人生が変わる」書店員が太鼓判を押すおすすめ新書 | 特集【本がスキ!】悩みを言葉に、言葉に力を。 best-times.jp/articles/-/6392 @_BESTTIMES_さんから

平野啓一郎さんがリツイート

2017-08-03 18:52

ReplyRTFav

平野啓一郎 @hiranok

蓮池透さんが拉致問題で対談本 「首相がしたことは…」:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASK8G…

2017-08-23 10:51

ReplyRTFav

平野啓一郎 @hiranok

『決壊』の主人公が悩んでいた問題は二つ。一つは、主体の分裂がもたらす虚偽意識。もう一つは、他者との関係は必ず非対称なので、分人化の過程は、どちらかが得をする形で政治化されてしまうということ。前者を分人という概念で説明しても、後者は全然解決されてないと、彼は僕を批判するだろう。

2017-08-23 10:29

ReplyRTFav

平野啓一郎 @hiranok

『日蝕』や『一月物語』は、あまりにも多くの、大きな、複雑な主題を、あの短さに圧縮しているので、今でもインタヴューされると、説明に窮する。語れば語るほど、作品を矮小化し、断片化していっているような不安に襲われる。とにかく、外国語に翻訳しても強烈な印象を受けるみたい。

2017-08-23 10:22

ReplyRTFav

平野啓一郎 @hiranok

『日蝕』『一月物語』が中国語訳され、『高瀬川』『顔のない裸体たち』『マチネの終わりに』の翻訳が決まっている。で、久しぶりに過去作を読み返すと、いつの間にか思い込んでいたのと随分と印象が違っている。今の方が巧く説明できることもあるが、当時の方がもっと複雑なことを考えていた気もする。

2017-08-23 10:17

ReplyRTFav

沖仁 JIN OKI @junglejinjin

続 新製品レビュー。
予想を裏切るクオリティ。
秀逸なコンタクトマイク。
今度ライブで試します。
@HookUp_Official pic.twitter.com/NcnREzTSMx

平野啓一郎さんがリツイート

photo

2017-08-23 10:05

ReplyRTFav

平野啓一郎 @hiranok

実際、スポーツは、食生活や運動など、健康管理全般に関わっている。近代以降の厚労省的「生政治」を考えるなら、スポーツブランドとITの組みあわせが、衣料や食事など、日常生活の全般的な領域をカヴァーする未来を想像するのは難しくない。スポーツは、身体の一種の極論的な実験なので。

2017-08-23 10:07

ReplyRTFav