星野智幸

現代文学100字レビュー

星野智幸プロフィール&ガイド

星野智幸(ほしのともゆき)―1965年、アメリカ合衆国ロサンゼルス出身。小説家。

1997年『最後の吐息』で第34回文藝賞、2000年『目覚めよと人魚は歌う』で第13回三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で第5回大江健三郎賞受賞。

ラテンアメリカ文学や中上健次などの影響を放出しながら、文学とはと考え続ける作家です。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

星野智幸/小野田維『水族

『水族』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2009/01 岩波書店Coffee Books
種類
文学(小説)
目次
水族
所要
40分

人類の進化と絶望的状況を描くショートSF。挿絵も特異で世界観を作ってる。息苦しいし気持ち悪いし、コーヒータイムにさらっと読むための本じゃないと思うんだが、星野智幸らしい「人ならざる者へ」は満喫できるよ。

星野智幸『在日ヲロシヤ人の悲劇

『在日ヲロシヤ人の悲劇』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2005/06 講談社
種類
文学(小説)
目次
在日ヲロシヤ人の悲劇
所要
2時間

政治小説と思いきや、痛切な家族小説。「まともな家族」を志向したのは著者初か? まともじゃないので崩壊に至るわけだけど…。そしてそれがこの幼稚な国家の姿に重ね描かれている分、空虚な大人として、心が痛い。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
水族 すいぞく 2009/01 文学(小説) ★★★☆☆
在日ヲロシヤ人の悲劇 ざいにちおろしやじんのひげき 2005/06 文学(小説) ★★★☆☆
無間道 むげんどう 2007/11 文学(小説) ★★★★☆
俺俺 おれおれ 2010/06 文学(小説) ★★★★★
虹とクロエの物語 にじとくろえのものがたり 2006/01 文学(小説) ★★★☆☆
われら猫の子 われらねこのこ 2006/11 文学(小説) ★★★☆☆
植物診断室 しょくぶつしんだんしつ 2007/01 文学(小説) ★★★☆☆
アルカロイド・ラヴァーズ あるかろいどらばーず 2005/01 文学(小説) ★★★★☆
毒身温泉 どくしんおんせん 2002/07 文学(小説) ★★★☆☆
ロンリー・ハーツ・キラー ろんりーはーつきらー 2004/01 文学(小説) ★★★★★
最後の吐息 さいごのといき 1998/01 文学(小説) ★★★★☆
ファンタジスタ ふぁんたじすた 2003/03 文学(小説) ★★★★★
嫐嬲 なぶりあい 1999/10 文学(小説) ★★★★☆
目覚めよと人魚は歌う めざめよとにんぎょはうたう 2000/05 文学(小説) ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

星野智幸『未来の記憶は蘭のなかで作られる』
2014年11月08日 岩波書店 2160円
久間十義/朝倉かすみ/星野智幸『それでもお金は必要だ!』
2014年06月06日 日経文芸文庫 756円
星野智幸『夜は終わらない』
2014年05月23日 講談社 1998円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント