枡野浩一

現代文学100字レビュー

枡野浩一プロフィール&ガイド

枡野浩一(ますのこういち)―1968年、東京都出身。歌人。

広告代理店勤務を経てライター、歌人に。

いろんな仕事をしてるけどやはり短歌の人で、326が好きな人はもちろん、相田みつをが好きな人もはまるかも。ってヘタ打つとそんな危険な香り(サブカル風味のお説教臭)がしますが、ときどきぐっとくるものはあります。子供のころに出会ったことがあるはずなんだけど詠み人知らず、でもなんだか懐かしい。という感じの歌です。題材は新しくてもこの懐かしさってのはどこからくるんでしょうか。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

枡野浩一『ますの。―枡野浩一短歌集

『ますの。』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
1999/03 実業之日本社
種類
文学(詩歌)
目次
ますの。

センチメンタリズムだったり「自負」だったり苛立ちだったりカラフルなんだけれども、全般的に主張は強い。著者の顔が浮かぶというか。文庫での4コマ漫画な手法は短歌でページ数を稼ぐには有効なんだろうとは思う。

枡野浩一/水戸浩一『ガムテープで風邪が治る―水戸浩一遺書詩集

『ガムテープで風邪が治る』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1995/10 新風舎
種類
文学(詩歌)
目次
□【しあわせ教】の時代 / ひらいしん / ガムテープで風邪が治る (ほか)

自分の青さのやり場に迷ってた頃の特殊歌人が、現代詩手帖に応募した詩作。ねじめ正一や吉田文憲の評論がそのまま入っている珍しい作り。詩は素直なんだけれど歪に見える若書き。あの頃の自分のようでドキドキする。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
ますの。 ますの 1999/03 文学(詩歌) ★★☆☆☆
ガムテープで風邪が治る がむてーぷでかぜがなおる 1995/10 文学(詩歌) ★★★☆☆
ドレミふぁんくしょんドロップ どれみふぁんくしょんどろっぷ 1997/09 文学(詩歌) ★★★☆☆
てのりくじら てのりくじら 1997/09 文学(詩歌) ★★★★☆
君の鳥は歌を歌える きみのとりはうたをうたえる 1999/10 文学(エッセイ) ★★★☆☆

これから出る本、最近出た本

枡野浩一『歌 ロングロングショートソングロング』
2012年03月17日 雷鳥社 1680円
枡野浩一『すれちがうとき聴いた歌』
2011年10月08日 リトル・モア 1470円
枡野浩一『ドラえもん短歌』
2011年07月06日 小学館文庫 480円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント