丸山健二

現代文学100字レビュー

丸山健二プロフィール&ガイド

丸山健二(まるやまけんじ)―1943年、長野県出身。小説家。

芥川賞最年少受賞者(23歳)の地位を綿矢りさに破られるまで保持していた。安曇野にこもって文学の高い壁に楔を打ち込む孤高の作家。1966年『夏の流れ』で第56回芥川賞受賞。

近年は大作志向で簡単に手を出せる作品ではなくなっています。しかもどんどん絶版になってて手に入る本が少なすぎます。孤高とは大変な身分であることよな。初めて手に取るなら、おそらく選り好みはできないので書店で見つけた文庫をそのまま買って帰りましょう。たぶん上下巻だけど。文壇と決別し、また世間とも決別したように、世の潮流とは無関係に問われる作品群は、読者を選ぶことは確かですが、「文学」を(庭いじりしながら)これほど考え続けている人はそうはいないです。

つながり作家

  • 玉村豊男
  • ディーン・クーンツ
  • 百田尚樹
  • 宮本輝
  • 佐藤彰啓

マイベストはこれ!

レビュー一覧

丸山健二『猿の詩集

『猿の詩集』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
2010/03 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
猿の詩集
所要
5時間50分

戦場で散った兵士の魂に叫ばせた反戦歌。ただ観察するのみの無力な猿が、戦争の悪を問う。世間を遮断した孤高の作家であることの強みと弱みが存分に発揮され、どこにも出口がないし誰も入り込めない物語になったな。

丸山健二『正午なり

『正午なり』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
1968/08 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
正午なり
所要
1時間50分

都会での暮らしに敗れ、郷里へ引き返した青年の悶々とした生活を描く長編。人との関係性が苦手で自室でできる仕事を探したり軽く引きこもり。性的な恐れみたいなものは示唆されながらも、終章の性急さにはやや焦る。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
猿の詩集 さるのししゅう 2010/03 文学(小説) ★★☆☆☆
正午なり まひるなり 1968/08 文学(小説) ★★★☆☆
夏の流れ なつのながれ 1967/07 文学(小説) ★★★★☆
安曇野の白い庭 あずみののしろいにわ 2000/04 文学(エッセイ) ★★★☆☆
逃げ歌 にげうた 2000/11 文学(小説) ★☆☆☆☆
虹よ、冒涜の虹よ にじよぼうとくのにじよ 1999/05 文学(小説) ★★★☆☆
いつか海の底に いつかうみのそこに 1998/09 文学(小説) ★★★☆☆
ぶっぽうそうの夜 ぶっぽうそうのよる 1997/09 文学(小説) ★★★★☆
千日の瑠璃 せんじつのるり 1992/01 文学(小説) ★★★★☆
争いの樹の下で あらそいのきのしたで 1996/05 文学(小説) ★★★★★
まだ見ぬ書き手へ まだみぬかきてへ 1994/07 文学 ★★★★☆
されど孤にあらず されどこにあらず 1991/09 文学(エッセイ) ★★☆☆☆

これから出る本、最近出た本

丸山健二『ぶっぽうそうの夜 完全版』
2014年05月27日 河出書房新社 3240円
丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 下』
2014年04月22日 河出書房新社 2484円
丸山健二『トリカブトの花が咲く頃 上』
2014年04月22日 河出書房新社 2484円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント