宮嶋茂樹

現代文学100字レビュー

宮嶋茂樹プロフィール&ガイド

宮嶋茂樹(みやじましげき)―1961年、兵庫県明石市出身。カメラマン。

報道写真を専門とし戦場を駆けるカメラマン。

つながり作家

  • 宮田珠己
  • 橋田信介
  • 上原春男
  • 杉山隆男
  • 高野秀行

マイベストはこれ!

レビュー一覧

宮嶋茂樹『死んでもカメラを離しません―突撃取材・血風録

『死んでもカメラを離しません』の表紙画像
評価
★★☆☆☆
発行
1996/09 クレスト社
種類
文学(ルポ)
目次
東京拘置所のエレファント・マン / 不肖・宮嶋、死んでもカメラは離しません / ハマコーの刺青 (ほか)

報道カメラマンとして「撮ったもん勝ちじゃ!」とガシガシ金星を上げる。塀の中の麻原を撮った瞬間などこちらにも興奮が伝わってくるね。関西ノリの文体もその腕前を隠すかのように。執念に裏打ちされた運はすごい。

これから出る本、最近出た本

宮嶋茂樹『MIGHTY FLEET 精強なる日本艦隊』
2012年10月02日 講談社 3500円
宮嶋茂樹『再起』
2011年07月26日 ベストセラーズ 1575円
宮嶋茂樹『不肖・宮嶋のビビりアン・ナイト(上) イラク戦争決死行 空爆編』
2010年07月23日 祥伝社黄金文庫 780円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント