山川健一『リアルファンタジア 2012年以降の世界』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『リアルファンタジア 2012年以降の世界』の表紙画像
タイトル
リアルファンタジア 2012年以降の世界
かな
りあるふぁんたじあにせんじゅうにねんいこうのせかい
著者
NDC
147 哲学>心理学>超心理学 心霊研究
目次
第1章 ヘミシンクで知る温かく美しい故郷としての宇宙 / 第2章 体外離脱、海に浮かんだ光の球、オーラ体験 / 第3章 オーロラと一体化する (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★★☆
レビュー
ヘミシンクを通じたガイドたちとの対話。2012年目前、「世界がどのようにできているか」の話であり、それを踏まえてどう生きるべきかという話。オカルトと切り捨てるには勿体無い。量子宇宙論へ至る過程は面白いよ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント