椎名誠『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』の表紙画像
タイトル
もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵
かな
もだえくるしむかつじちゅうどくしゃじごくのみそぐら
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵 / 活字とインキの大サーカス / すべての問題を前向きに善処したいのだ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
表題は、活字中毒の目黒を蔵に閉じ込め、禁断症状が出てきた頃に文字を書いた紙を投げ入れると彼は喜びもだえる、というわけの分からない小説。本の雑誌掲載のエッセイを中心に対談とかいろいろある妙な版型の本だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント