椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 中』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 中』の表紙画像
タイトル
哀愁の町に霧が降るのだ 中
かな
あいしゅうのまちにきりがふるのだ2
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
話はなかなか始まらない / まだ話は始まらない / 緊急対策中途解説の項 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
上中下巻とつながる本なのだけれど、初出発売日がずれているので分けた。また文庫本では上下巻。暴れたり恋をしたり情けなくもモラトリアム全開で嬉しくなる。仲間との同居生活自体の放つ匂いが本当にいいんだよね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント