椎名誠『インドでわしも考えた』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『インドでわしも考えた』の表紙画像
タイトル
インドでわしも考えた
かな
いんどでわしもかんがえた
著者
NDC
292 歴史>地理・地誌・紀行>アジア
目次
はたしてインド人は空中三メートルを浮揚するか / ボンベイふらふら出たとこ勝負 / じわじわとインドの熱気が迫ってきた (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「空中浮揚するヨガの達人に会いにいこう!」というインド紀行。哲学的なことなんて語ってやるものか、インドがナニサマじゃい。という姿勢が頼もしい。ガンガーに沐浴し、土産屋にからまれ、相変わらずのシーナ節。

商品詳細&購入情報

椎名誠 作品アクセスランキング

  1. 岳物語 続
  2. 岳物語
  3. 日焼け読書の旅かばん
  4. インドでわしも考えた
  5. 新橋烏森口青春篇

このページへのコメント

椎名誠『インドでわしも考えた』に関するブログ記事

インドのサリー事情 : イ課長ブログ

さて、インドネタに戻ろう。椎名誠が書いた「インドでわしも考えた」って本がある。発刊が1984年みたいだから、椎名誠が実際にインドに行ったのは83年とか、そ...

インドでわしも考えた 椎名誠 著 - うちこのヨガ日記

[本の紹介]インドでわしも考えた 椎名誠 著 00:51. これまた借り物。さっと楽しく読みました。インド旅行記二冊目は椎名誠氏。 このかた、うちこ同様なんの予備知識もなくインドへ行っているので、かえって大げさな表現がないのがすごく感じよい ...

椎名誠(1988)『インドでわしも考えた』集英社文庫 - 旅情BOOKS ...

椎名誠(1988)『インドでわしも考えた』集英社文庫 · 旅行記, エッセイ | 22:56 | ... むしろ何年かに一度の楽しい楽しい家族旅行に運動会と合同記念祭が混ざったような明るく騒々しい風景なのだ」(p.145-146). 「死んだらガンガーのほとりの火葬 ...

インドでわしも考えた(椎名誠風) - マキノ病院小児科ブログ

小ネタGW特別編ですっっ(*≧▽≦)ノ 『インドに行くと人生観が変わる!?』 確かめるためとにこっそりパスポートを申請。。。 案内の郵便で、どこに行くのだ!?と親に早々にばれる波乱の展開に(T-T) 今回はおとなしく行き先は教えてから ...

世に棲む日々:「インドでわしも考えた」を読んだ - ライブドアブログ

たかのてるこさんの「ガンジス河でバタフライ」や、沢木耕太郎氏の「深夜特急」、有名無名の著作....etcを読んでいこうと考えている。 さて、記念すべき1冊目は椎名誠氏の「インドでわしも考えた」である。 氏の本を読むのは久しぶりである。

あらいすみれ 公式ブログ/ナン - GREE

こんにちは。 大昔ですが、椎名誠/インドでわしも考えた…を読みました。 日本製のカレールーを持って行って、現地の本物のインドカレーと食べ比べをしてました。 (≧∇≦). たかちゃん/僕レス次イベ終盤迄単独参戦. 4/7 16:00. ナンだけじゃ、お ...

本>旅行記 「インドでわしも考えた」 作:椎名誠: 不惑の徒然 ...

本>旅行記 「インドでわしも考えた」 作:椎名誠,このページは、アート,本,マンガ等、私が見たり、観たり、読んだりした物の感想を徒然に書き込んだページです。一部、ネタバレも含みますのでご注意ください。

「インドでわしも考えた」読了 - イレグイ号クロニクル Ⅱ - Gooブログ

椎名誠 「インドでわしも考えた」読了 堀田善衛の「インドで考えたこと」を読んでいて、そういえば、椎名誠もそんな本を書いていたなと思い古本屋を覗いてみると105円で1冊見つけた。 堀田善衛は1957年の旅の事を書き、椎名誠は1984年を ...