椎名誠『インドでわしも考えた』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『インドでわしも考えた』の表紙画像
タイトル
インドでわしも考えた
かな
いんどでわしもかんがえた
著者
NDC
292 歴史>地理・地誌・紀行>アジア
目次
はたしてインド人は空中三メートルを浮揚するか / ボンベイふらふら出たとこ勝負 / じわじわとインドの熱気が迫ってきた (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「空中浮揚するヨガの達人に会いにいこう!」というインド紀行。哲学的なことなんて語ってやるものか、インドがナニサマじゃい。という姿勢が頼もしい。ガンガーに沐浴し、土産屋にからまれ、相変わらずのシーナ節。

商品詳細&購入情報

椎名誠 作品アクセスランキング

  1. 白い手
  2. 岳物語 続
  3. インドでわしも考えた
  4. ハマボウフウの花や風
  5. 岳物語

このページへのコメント