椎名誠『あやしい探検隊北へ』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『あやしい探検隊北へ』の表紙画像
タイトル
あやしい探検隊北へ
かな
あやしいたんけんたいきたへ
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
なぜかはわからぬが戦いの夜明けがきた! / 赤手袋欠航記 / 必死の為替男、あかつきの脱走 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
シリーズ第二弾。今回は新潟沖の粟島がメイン。同じようにキャンプで歌って踊るだけなのだが。と思えばセブやパラオでリゾートっぽく泳いでたりする。「北へ」という侘び寂びのタイトルは何なのだぁという島めぐり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント