椎名誠『シベリア夢幻 ― 零下59度のツンドラを行く

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『シベリア夢幻』の表紙画像
タイトル
シベリア夢幻
かな
しべりあむげん
副題
零下59度のツンドラを行く
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
影法師の町 / ヤクートの馬と男たち / 氷の国の静かな人々 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
世界で最も寒い地域のひとつシベリアの旅行記。汗が凍って、それまで乗っていた黒馬がいつのまにか白馬に変わっていた、というのもすごい。とはいっても写真がメインで、文章は申し訳程度。文庫版はカラー写真増補。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント