椎名誠『岳物語 続』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『岳物語 続』の表紙画像
タイトル
岳物語 続
かな
がくものがたりぞく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
あかるい春です / 少年の五月 / 盗聴作戦 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
父を越えて一個の男となってゆく岳を一抹のさびしさとヨロコビをもって見つめる父。子育て、教育の物語ではなく「男たちの友情物語」完結編。98年の定本では長いあとがきと、岳自身によるエッセイが追加されている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント