椎名誠『海を見にいく』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『海を見にいく』の表紙画像
タイトル
海を見にいく
かな
うみをみにいく
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
白い波が崩れ、海鳴りが聞こえても、 / 海を見にいく / 風の中の赤灯台 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
海を遠望する写真と文章を集めたもの。既出作品からの転載を含むため、ファンには「損」な感じもするかと思われる。ところどころハッとするようなロマンチックな文章もあるしガクの写真も可愛いので許せはするけど。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント