谷川俊太郎『詩を贈ろうとすることは』

現代文学100字レビュー

作品情報

谷川俊太郎『詩を贈ろうとすることは』の表紙画像
タイトル
詩を贈ろうとすることは
かな
しをおくろうとすることは
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
飢えと本 / 瀬戸大橋に寄せる / 詩を贈ることについて (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
恐らくはこの詩集の中では生活するという意味以上の思索はしていない。暮しそのものがまず詩なのだ。なにも心に潜ることばかりが能じゃない。「詩を贈ろうとすることは/空気を贈ろうとするのに似ている」のだから。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント