藤沢周『紫の領分』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『紫の領分』の表紙画像
タイトル
紫の領分
かな
むらさきのりょうぶん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
紫の領分
評価
★★★☆☆
レビュー
横浜と仙台、それぞれ別の女と暮らす。その往復と嘘を反復し続けることによって生まれる無常感。もちろん読者にとっても主人公にとっても期待通りのカタルシスがやってくるわけだが、紫の稜線はあくまで死を騙って。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント