椎名誠『犬の系譜』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『犬の系譜』の表紙画像
タイトル
犬の系譜
かな
いぬのけいふ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
目なし足なし虫 / 小蟹の海 / 金魚と拳骨 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
代替わりしてゆく飼犬の系譜を中心に家族の生活と歴史を描いた長編。「ですます」調が懐古ムードを増強する。飼犬が死ぬのは大変な事件で、でもまた新しい犬を飼ってしまう、というのは犬好き家庭にはよく分かる話。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント