椎名誠『長く素晴らしく憂鬱な一日』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『長く素晴らしく憂鬱な一日』の表紙画像
タイトル
長く素晴らしく憂鬱な一日
かな
ながくすばらしくゆううつないちにち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
三時の夕子とゴケアオミドロ / 新宿シルクロードぬめぬめルート / クサカ・シノブは何時笑いますか (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
舞台は新宿。視線のままあちこちに想念を蠢かせながら時間はもったりと流れ、ぐったりとした憂鬱をもてあましつつ新宿シルクロード方面へぬるぬると歩く一日を描いた長編。「とりとめもなく」という感触の都市風景。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント