椎名誠『白い手』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『白い手』の表紙画像
タイトル
白い手
かな
しろいて
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
白い手
評価
★★☆☆☆
レビュー
小学生時代の生活を、子供特有の低い目線で追認した小説。窓から手だけが見える少女の、その手の白さ。恋心以前の表現不可能の心のうごめきや、それよりも友達とバカみたいに走って笑ってるのが楽しかったりする頃。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント