椎名誠『草の海 ― モンゴル奥地への旅

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『草の海』の表紙画像
タイトル
草の海
かな
くさのうみ
副題
モンゴル奥地への旅
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
第1章 ごんごんと雲がいく / 第2章 星がわらい風がおどる / 第3章 ちからのたてがみ (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
モンゴル紀行。去勢される馬、乗馬で尻から出血し横座りのオカマ化するシーナ。それでも海原のように広がる草原を熱く朗らかに駆け抜けるのだ。ナーダムのレースの感動を伝えたいと映画『白い馬』とつながってゆく。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント