椎名誠『むはの迷走』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『むはの迷走』の表紙画像
タイトル
むはの迷走
かな
むはのめいそう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
暑けりゃ暑いで2日酔 / 断片的にフト思う / 熱風がユーワクしている (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
(『ナマコもいつか月を見る』を経て)むはシリーズが帰ってきた。ケニアにモンゴル、新宿、ススキノ、熱風とともににじり歩きながらもだえ苦しむエッセイ集。通常通り。『ガクの冒険』を撮っている頃だったりもする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント