椎名誠/沢野ひとしほか『いろはかるたの真実 ― 発作的座談会

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠/沢野ひとしほか『いろはかるたの真実』の表紙画像
タイトル
いろはかるたの真実
かな
いろはかるたのしんじつ
副題
発作的座談会
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
怒りと涙の七本勝負 / カニエビたちのはげしい夜 / ぐふぐふ温泉四人旅 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
おなじみメンバーによる座談会第二弾。ロウソクと電球はどちらが強いかとかバカ話もおなじみ。沢野がボケ、椎名がうろつき、目黒が中道を歩んで、木村が(さすが弁護士)正解にたどりつくという四人のバランスがいい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント