椎名誠『みるなの木』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『みるなの木』の表紙画像
タイトル
みるなの木
かな
みるなのき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
みるなの木 / 赤腹のむし / 南天爆裂サーカス団 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
久しぶりの超常小説集。その内数篇は『武装島田倉庫』の世界をくっきり引いている。戦争後の瓦礫の上、鉛色の空の下で、百舌や灰汁が再登場する辺りはファンなら感涙。その他にもアイデアが光る好短編が並んでいる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント