椎名誠『ギョーザのような月がでた』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『ギョーザのような月がでた』の表紙画像
タイトル
ギョーザのような月がでた
かな
ぎょーざのようなつきがでた
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
なぜ火を吹くのか / 春雷雨漏りタラバ海老 / 再会の山里 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
前作は表題列記で埋めたのにすぐ出る赤マント八冊目。今回は引用で。「女は自分の靴ぐらい自分で履け。男はひざまずいて女の靴など履かせるな」。またとんでもないところを引用してしまったが、こういう部分も素敵。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント