椎名誠『あるく魚とわらう風』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『あるく魚とわらう風』の表紙画像
タイトル
あるく魚とわらう風
かな
あるくさかなとわらうかぜ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
宝島とにかく上陸作戦 / 一日キカイダーになる / カープ島の三日間 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
作家の日記なんて出版された時点でフィクションであるから丸呑みすると痛い目にあうのだが、ともかく95年5月から1年半の日記。慌ただしくも全国を駆け巡り飲み踊り、ベタベタと前ヒレで地面を叩き歩く魚なのである。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント