宮本輝『幻の光』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『幻の光』の表紙画像
タイトル
幻の光
かな
まぼろしのひかり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
幻の光 / 夜桜 / こうもり (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
短編集。奥能登の暗い空の下、線路の上で生を閉じた前夫の影をいつまでも思い出す女の表題作。唯一の出口のように海面は光るが、それさえも幻であるとしたら。あえて整理しない独白調の語尾に悲壮感もまた増幅する。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント