椎名誠『ずんが島漂流記』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『ずんが島漂流記』の表紙画像
タイトル
ずんが島漂流記
かな
ずんがじまひょうりゅうき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 三人の海の仲間 / 第二章 ターラの踊り / 第三章 光るくねくね (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
歩く魚がいるという未知の海域を目指し、大人達に内緒で舟を出す。ようやくたどり着いた無人島での生活、さらに新しい世界へ。危機感が薄く漂流物としてはほのぼのしすぎの感があるが、わくわくする気持ちは広がる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント