山田詠美『風葬の教室』

現代文学100字レビュー

作品情報

山田詠美『風葬の教室』の表紙画像
タイトル
風葬の教室
かな
ふうそうのきょうしつ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
風葬の教室 / こぎつねこん
評価
★★☆☆☆
レビュー
表題作は教室から浮きあがってしまう転校生の物語。彼女が何故いじめられるのかがよく分かるという意味で哀しい話だ。「軽蔑」でクラスメートを殺してゆくやり方が彼女を救うのかどうかは疑問だが、その強さはよい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント