原田宗典/沢田としき『時々、風と話す ― Street life

現代文学100字レビュー

作品情報

原田宗典/沢田としき『時々、風と話す』の表紙画像
タイトル
時々、風と話す
かな
ときどきかぜとはなす
副題
Street life
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
りんごの樹の下で / Gを待つあいだに / うつむくミニスカート (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
巻頭の漫画作品が全体のイメージを誘導してしまう短編集。バイクと恋人達の小さな痛みを曖昧な輪郭で包んでいるような世界。自己模倣的だとしても「バスに乗って それで」の文体は感情の不如意さそのままで面白い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント