椎名誠『春夏秋冬いやはや隊が行く』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『春夏秋冬いやはや隊が行く』の表紙画像
タイトル
春夏秋冬いやはや隊が行く
かな
はるなつあきふゆいやはやたいがゆく
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
春焚火わらわら / 夏焚火めらめら / 秋焚火ひらひら (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
熟年たちのアウトドア叢書。春には静かに焚き火を囲み、夏は筏で川下り、秋にはイモを収穫し、冬は氷瀑にかじりつく。彼らいやはや隊を見ていると、こういう老け方をしたいもんだと思う。隊員達の文章もふんだんに。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント