椎名誠/垂見健吾『波のむこうのかくれ島』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠/垂見健吾『波のむこうのかくれ島』の表紙画像
タイトル
波のむこうのかくれ島
かな
なみのむこうのかくれじま
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
ちょっとかくれ島まで / トカラのあつい吐息の中で―宝島 / いいじゃんか隊、ヒミツのクサヤ旅―小笠原諸島 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
島旅シリーズ第一弾、って椎名には島旅本多すぎるけどな。波の岩場にくりぬかれた温泉に飛び込み、大勝軒のラーメンを啜り込む硫黄島にソソられるね。快楽だけでなく歴史も追求するあたりが珍しくも偉いではないか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント