島田雅彦『優しいサヨクのための嬉遊曲』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『優しいサヨクのための嬉遊曲』の表紙画像
タイトル
優しいサヨクのための嬉遊曲
かな
やさしいさよくのためのきゆうきょく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
優しいサヨクのための嬉遊曲 / カプセルの中の桃太郎
評価
★★★★☆
レビュー
タイトルのインパクトで世間を揺すったデビュー作。「サヨク」という意義よりも、千鳥とみどりの純愛物語として読んだほうが楽しい。文体の薄っぺらさは時代に対する悪意で、初期のアピールではある。つまり知能犯。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント