島田雅彦『天国が降ってくる』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『天国が降ってくる』の表紙画像
タイトル
天国が降ってくる
かな
てんごくがふってくる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
若い遺伝子たちの肖像 / 二十一世紀旗手真理男の遍歴時代 / ジークフリート、モスクワへの旅 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
嫌なやつを書かせたら格別。自意識を糧として生きる繊細で傲慢な男の生涯。読者を不愉快にすることで取り込む作法は『僕は模造人間』と共通するが、これは思索的に不充分であるだけ混迷度は高い。マリオ? なぜだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント