島田雅彦『アルマジロ王』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『アルマジロ王』の表紙画像
タイトル
アルマジロ王
かな
あるまじろおう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ユダヤ系青二才 / 砂漠のイルカ / 優雅な野良犬 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
短編集。砂漠化した都会を駆ける救世主、甲冑を纏ったアルマジロ王を求める表題作。みな独りきりで、救われたいと願っている。みなし子たちは流れる。直に死と向き合うラストニ編が異質に響きながらも哀しく揺れる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント