島田雅彦『茶の間の男』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『茶の間の男』の表紙画像
タイトル
茶の間の男
かな
ちゃのまのおとこ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 比喩の超絶技巧 / 第二章 青二才は変遷する / 第三章 もうひとつの日本回帰 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
『忘れられた帝国』で「郊外」というテーマを打ちたてた頃のインタビューと対談集成。デビュー以来の作品を語り、文学理論を語る。対談相手は大江健三郎など多士済々だが、とりわけ宿敵中上健次との緊迫感がすごい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント