島田雅彦『浮く女沈む男』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『浮く女沈む男』の表紙画像
タイトル
浮く女沈む男
かな
うくおんなしずむおとこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
出航まで / ポセイドンの引退 / 夢見る航海 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
長編船上小説。豪華客船で次々と起こる事件。あやふやな同朋意識と結論のないセックス。選ばれた民たちの方舟はゆっくり南下する。大海とつるんで永遠に自閉する社会のようだ。みんなどこへも行きたくないんだろう?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント