島田雅彦『内乱の予感』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『内乱の予感』の表紙画像
タイトル
内乱の予感
かな
ないらんのよかん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
内乱の予感
評価
★★★☆☆
レビュー
ヒコクミンを拉致殺害する秘密結社「千年王国」。個人と国家の関係の中で良心を殺す大規模な狂気。覚醒剤と洗脳という材料も楽しげ。普段は寿司屋の板前という殺し屋がなんともリアルな「著者初の長編ミステリー」。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント