宮本輝『花の降る午後』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『花の降る午後』の表紙画像
タイトル
花の降る午後
かな
はなのふるごご
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
白い家 / 夏の坂 / 揺れる港 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
神戸の仏料理店アヴィニョンを舞台にした店乗っ取りの謀略。なのだが、女主人典子が自分の欲望に正直なものだから、若い画家との性愛物語になったりしてる。それでも典子の少女のような心の震えは清々しくも華やか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント