清水義範『深夜の弁明』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『深夜の弁明』の表紙画像
タイトル
深夜の弁明
かな
しんやのべんめい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
喋るな / 乱心ディスプレイ / 茶の間の声 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
パスティーシュの清水ここにあり! 新しい手法を模索し「こんなのはどうだ」と次々と提示していた頃の傑作短編集。スポーツ中継の解説者、新聞の投書欄などあらゆるものを料理してやるぞってなパワーに満ちている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント