清水義範『アキレスと亀』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『アキレスと亀』の表紙画像
タイトル
アキレスと亀
かな
あきれすとかめ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
決裂 / 偏向放送 / パーティ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
短編集。雑誌に載っている対談、実際はこんなに違うんですよ、な「超現実対談」が楽しい。スポーツ中継のアナウンサーが外国選手をこき下ろし日本ガンバレ!と言う「偏向放送」もいい。これはまぁ現実もそうですが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント